ボズュー自由が丘Blog

>>> 年 の記事一覧

22/11/22

OLIVER GOLDSMITH 名作モデル『PINEWOOD』&『ELSTREE』が復刻

皆様こんにちは。

本日はイギリスの老舗アイウェアブランド【OLIVER GOLDSMITH(オリバーゴールドスミス)】(※以下OG)より名作の呼び声が高いモデル『PINEWOOD(パインウッド)』『ELSTREE(エルスツリー)』が2022A/Wにて久しぶりとなる復刻となりましたのでご紹介させていただきます!
 

 
『PINEWOOD』と『ELSTREE』はどちらもOGが1980年代に発表していたモデルであり、その当時のトレンドとも言える雰囲気を現代までしっかりと伝承したアイテムです。復刻される度に注目が集まるためすぐに完売してしまっていましたが今回の復刻を待ち望んでいた方も多かったのではないでしょうか。
 
ということで改めてまずは『PINEWOOD』からご紹介!
 

クラシックテイストを示す太めのリム(縁)を持たせたモデルです。
 
と高めのブリッジ位置、OGならではの柔らかいレンズシェイプデザイン、フロント両サイドの落ち方、2PINカシメ飾りなどの他、ボストンとウエリントンという2つのシェイプデザインをやや縦長のシルエットで独特の組み合わさり方をすることで「ありそうでないスタイル」「シンプルながら個性的なスタイル」がしっかりと感じ取れるアイテムに仕上がっています。
 
もし別の表現をあえて用いるなら一般的な「ボストンウエリントン」ではなく「ウエリントンボストン(四角めな印象が少し際立っているという意味を込めて)」と言うところでしょうか。
 
当店に入荷したカラーは3種類。
 

↑mod.PINEWOOD col.Nero(ブラック)
商品ページは<コチラ>
 

↑mod.PINEWOOD col.Dark Tortoiseshell(ダークブラウンべっ甲柄)
商品ページは<コチラ>
 

↑mod.PINEWOOD col.Sherry Tortoiseshell(ダーククリアブラウン&ダークブラウンべっ甲柄)
商品ページは<コチラ>
 
 
そして『ELSTREE』のご紹介。
 

実直なクラシカルスタイルを取り入れたウエリントンモデルです。
 
ウエリントンと言いつつも一般的な逆台形のスタイルより正方形をベースにOGならではの丸みの強いレンズシェイプデザインによってボストンの風合いも併せ持つ秀逸なアイテムです。
 
シンプルな2PINカシメ飾りや大きめでアーチ状のキーホール(鍵穴)ブリッジ形状に加え、フロント両サイドの突き出した智(ヨロイ)からはアメリカンヴィンテージのイメージすら感じます。(イギリスもれっきとしたヨーロッパブランドです!!)
 
当店に入荷したカラーは3種類。
 

↑mod.ELSTREE col.Nero(ブラック)
商品ページは<コチラ>
 

↑mod.ELSTREE col.Dark Tortoiseshell(ダークブラウンべっ甲柄)
商品ページは<コチラ>
 

↑mod.ELSTREE col.Cloudy Sky(クリアグレー)
商品ページは<コチラ>
 
最後に本日紹介した2モデルのシェイプ比較をしてみました!
 

 
どちらもOG特有の雰囲気がしっかりと伝わってくるだけでなくメガネをファッションアイテムとして捉える方も多くなってきた現代において、モード感のあるファッションと合わせて時代の垣根を越えたコーディネートを楽しみたい方にも自信を持ってお勧めできるアイコンです。
 
 
様々なブランドのメガネを熟知している方であればあるほど老舗アイウェアブランドとしてのOGが持つ独特な魅力に不思議と惹きこまれてしまいます。
気になった方はぜひ店頭でご試着くださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方や在庫確認などお気軽にお問い合わせくださいませ。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/11/20

Lesca 『CROWN PANTO 8mm(Upcycling acatate)』2022A/W 新色入荷しました!

皆様こんにちは。

本日はフランスのアイウェアブランド【LESCA LUNETIER(レスカルネティエ)】より”Upcycling acetate series(アップサイクリングアセテートシリーズ)”の1つ『CROWN PANTO 8mm』に待望となる新色が2022 A/Wに8色追加され、先日ようやく入荷することができましたためご紹介させていただきます!

”アップサイクリングシリーズ”は当店のブログを読んでいただいている方は周知されている方も多いと思いますが軽くおさらいしておくと、2021S/SよりSDGsへの取り組みの一環として始動したブランドの歴史の中では比較的新しいシリーズ展開となります。(※シリーズ化する以前は2020S/Sから展開)
その最大の魅力は1950〜1960年代に製造されたデッドストックのアセテート生地を用いたフレームであることです。素材の量が非常に限られているため全コレクションの中でも特別感があると言っても良いです。
 
『CROWN PANTO 8mm』は『PICA』などで馴染みがありレスカと言えば外すことのできないフレンチヴィンテージの代表格クラウンパント型のアイテムです。フロントには大胆にも8mm厚のアセテート生地を用い、テンプルもヴィンテージデザインに引けを取らない太くしっかりとしたデザインになっています。
 
クラウンパントというここ数年で一気に注目が集まってきたデザインは個性的でありながらも旧くから愛されてきたデザイン故に掛けると表情への収まりが非常に良く、自分自身のトレードマークとなるようなメガネを探している方にはオススメしたいアイテムでもあります!

●過去の記事はコチラ
Lesca 『CROWN PANTO 8mm』新色入荷しました!
(2022年2月24日の記事)

Lesca 新コレクション”Vintage Material”入荷しました!
(2020年4月28日の記事)

 
 
前置きが長くなりましたが早速、入荷アイテムを全てご案内させていただきます!また、今回発表された8色はいずれも現代ではお目にかかれないユニークなカラーが勢揃いしています!
 

col.9(Tokyo Tortoise)

誰が呼び始めたのか起源が未だに定かになっていないカラー名、トーキョートートイズ。イエロートートイズと区分けしておりヴィンテージスタイルには欠かせない色味の1つです。現行コレクションには『col.228』や『col.H827』などがありますがそのどれとも異なるヴィンテージ生地の透き通った美しい柄の入り方にぜひ魅了されてください!
 

レンズカラー:ダークグリーン(ガラスレンズ)
 

col.18(Black)

こちらは「ブラック単色」のフレームカラーとなります。思い返せば単色は最初期に発表されて以降ははじめての追加&復刻カラーとなります。リアルヴィンテージはすでに入手不可能となり久しいのですが、8mmという厚みから繰り出される存在感はまた別格とも言えるでしょう。
 

レンズカラー:ライトブルー(ガラスレンズ)
 

col.19(Brown Sasa/Clear Yellow×Black)

“ササ柄”と呼ぶメガネ特有のシャープなラインが入り混じったクリアブラウンにクリアイエローの生地が貼り合わさったバイカラーのアイテムです。テンプルにはブラック単色の生地が使用されています。
過去にも数回、表面の柄が同じタイプは入荷履歴がありますが、以前は裏地がクリスタルだったりクリアピンクだったためこの組み合わせは新鮮味があります。同系色でまとまりつつ琥珀のような雰囲気もあるイエローがいい味を出しています!
 

レンズカラー:レッドブラウン(ガラスレンズ)
 

col.20(Black/Honey×Black)

表地はブラック単色、裏地には日本では「飴色(アメ色)」とも呼ばれる発色の強いライトオレンジが貼り合わさったバイカラーのアイテムです。テンプルにはブラック単色の生地が使用されています。
本来は別個でそれぞれの良さを感じる色味ですがその2つが合わさると何とも不思議な雰囲気を放つアイテムになります。ふっとした瞬間に見せる横顔にアクセントが欲しい方は必見です!
 

レンズカラー:ダークブラウン(ガラスレンズ)
 

col.21(Black/Clear Green×Black)

表地はブラック単色、裏地にはクリアグリーンが貼り合わさったバイカラーのアイテムです。テンプルにはブラック単色の生地が使用されています。
前回の追加カラー(2021A/W)にあった「col.4(Black/Green)」とは似て非なるカラーとなります。今回のカラーではまるでエメラルドの宝石を思わせる透明感と高級感が感じられ、ヴィンテージ生地であることを忘れてしまうくらいの存在感に自然と心が突き動かされます!
 

レンズカラー:ダークグリーン(ガラスレンズ)
 

レンズカラー:レッドブラウン(ガラスレンズ)
 

レンズカラー:ライトグリーン(ガラスレンズ)
 

col.22(Brown Sasa/Blue)

表地は「col.19」でも紹介したブラウンササ柄で、裏地には大胆な2色のトーンが異なるブルーの生地が層になって貼り合わさっているアイテムです。表地がブラックでないことも密かな注目ポイントです。
今回特におすすめしたいカラーの1つであり、ヴィンテージ生地特有のユニークさとクラウンパントという現代に蘇ったアイコンとの相性が並外れて良いと思っております。
 

レンズカラー:レッドブラウン(ガラスレンズ)
 

col.23(Light Tortoise/Clear Pink)

表地は一般的にライトトートイズと呼ぶ明るいオレンジが系統が強く出たべっ甲柄で、裏地にはややダークトーン目なクリアピンクが貼り合わさったバイカラーアイテムです。
ヴィンテージアイコンを極めたいと思ったらどこかのタイミングで必ず候補に上がってくるカラーでもあります。こちらも以前は単色であったり裏地がHoney系の色味であったものがありましたが今回はクリアピンクが堂々の登場です。
 

レンズカラー:ダークブラウン(ガラスレンズ)
 

col.24(Havana/Honey)

表地は現行コレクションで「col.036」として認知されているライトブラウン系のべっ甲柄、裏地にはアメ色(Honey)が貼り合わさったバイカラーアイテムです。
もともと顔なじみが良く現行モデルでも採用率の高いカラーだけにヴィンテージ生地ならではの特別感が欲しいという方にはぜひおすすめしたい欲張りなカラーです!

レンズカラー:ダークグリーン(ガラスレンズ)
 
 
いかがでしたでしょうか!本日ご紹介したアイテムは全て売り切りのアイテムとなりますので
気になった方はぜひ店頭でご試着くださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方や在庫確認等ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/10/27

OLIVER GOLDSMITH 英国クラシックと遊び心の融合『ST.JAMES』

皆様こんにちは。
 
本日はイギリスの老舗アイウェアブランド【OLIVER GOLDSMITH(オリバーゴールドスミス)】(※以下OG)より”The Royal Collection(ロイヤルコレクション)”の1つ『ST.JAMES(セント・ジェームズ)』を入荷いたしましたのでご紹介させていただきます!
 
モデル紹介の前に”The Royal Collection”について軽く触れておきます。
 
本コレクションは1971年3月に発表されておりましたが生産は当時の1回のみで、今回はブランド初となる待望のアーカイブ(復刻)となります。元々は『UK OPTICAL』から2代目のチャールズ氏の元に持ち込まれた企画で1950〜1960年代にスケッチのみで未発表だったモデルや人気の高いモデルにアレンジを加えた6型を1つのコレクションとして発表していました。当時のハンドメイドデザインや仕上げの手法に一切のアレンジを加えずに忠実再現した4型が復刻されました。
 
それでは大変お待たせいたしました。ここからが本題でモデル『ST.JAMES』についてご紹介いたします。
 

 
やや大きめのスクエアシェイプをベースにしたエッジの効いたリム(縁)デザインがたびたび正統派とも呼ばれる英国クラシックスタイルの雰囲気を放ちます。
 

 
その一方でそのリムデザインと相反するような丸みの強いレンズシェイプがあてがわれており、OGらしい手描きスケッチならではの遊び心が感じられるモデルです。現代風に言えば「オンとオフが絶妙なバランスで両立しているデザイン」と言ったところでしょうか?
 

 
レンズサイズに対して一見不釣り合いに見える小さめのキーホールブリッジや、
 

 
フロント両サイドの上部にわずかな斜めのカッティング面を入れることでそれらが小気味好いアクセントになり表情に奥行きを持たせてくれています。
 

 
また、ラウンドフレームのようにセンターラインに備わった幅広テンプルも非常に掛け心地が良くすっきりとさせたフロントデザインとの二面性が愉しめます!
加えてOGのモデルはよくありがちなカシメ飾りなどの装飾があしらわれているモデルが少ないため純粋にシェイプデザインの良さを堪能できるところが最大の魅力ではないかと(勝手に)思っています。
 

 
復刻及び日本国内でのコレクション展開にあたりノーズパットはフィット感の良い高めのノーズパットが標準装備されているのところも嬉しい仕様です。
 
今回、当店にてセレクトしたカラーは2色。
(※全6色展開:Nero / Dark Tortoiseshell / Black Float / Ice / Bracken / Wakame)
 

↑col.Wakame
 
表面はブラック、裏面がイエローブラウングリーン(黄茶緑)のササ柄の2色が貼り合わさったバイカラーです。シックな印象をほんの少し和らげるカラーです。1990年代にブランドが一時休止し2005年に奇跡的な復活を果たした際に加えられたカラーの1つで海外では外せないカラーバリエーションの1つでもあります。
 

↑col.Dark Totoiseshell
 
現代OGでは外せない赤みがかったブラウンのべっ甲柄単色のフレームカラーです。col.Nero(Black)と人気を二分しており、他ブランドで展開しているべっ甲柄系よりもダークトーンのため肌に馴染みやすくクラシックなデザインとの相性も良いカラーです。
 
 
気になった方はぜひ店頭でご試着くださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/09/19

Lesca LUNETIER 『La Corb’s』カラーバリエーション豊富に再入荷!!!

皆さまこんにちは。
いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。
本日は、[La Corb’s]を紹介したいと思います!
 

 
ご存知の方が多いかもしれませんが、まずは[La Corb’s]のモデル説明からさせて頂きます!
モデル名の由来は、近代建築の巨匠ル・コルビュジエの名前から来ています。コルビュジエ氏が自らデザインして作製してもらっていたモデルの型を譲り受けたレスカ家が復刻したモデルとなっております。
 
程よい丸みに8mmの厚さの立体感があるフレームは、武骨になり過ぎず上品で実際かけてみると顔なじみが良くしっくりくる1本です。眼鏡にも、カラーレンズを入れてもオススメです!
 
今回は各1点ずつの入荷とはなっておりますが、5色揃う機会はなかなか無いと思いますので全色が揃っているうちにお早めにお試しいただけたら嬉しいです。
 
 

col.100(ブラック)
王道の黒縁です。これからの季節のコーディネートに添えていただきたいカラーです。
暖色系のカラーレンズを入れてもとてもいいアクセントになりお勧めです
 

COL.100/DEG(ブラック-クリア)
下部分がクリアになっている為、重さが軽減され掛けやすいカラーとなっています。
ツートーンカラー、特にブラックとクリアの掛け合わせはとにかく洒落さが出て黒縁では物足りなくなった方やお洒落がお好きな方に試していただきたいです。
 

col.424(べっ甲)
レスカの中でもとても人気の高い424は、カジュアルになり過ぎることが無い上品なカラーで今までべっ甲にチャレンジしたことが無い方にも自信を持ってお勧めできるカラーとなっております。
 

col.H827(べっ甲)
こちらのカラーは、先程ご紹介した424よりもブラウンや黄色が強く少し明るめのべっ甲となっています。
カジュアルさがあり、大人の渋さが出ている言わずもがなカッコイイカラーリングです。
 

col.CH/053(シャンパン-べっ甲)
シャンパンカラーのフロントにテンプルはブラウン系のべっ甲が合わさったヴィンテージ感を感じられるカラーとなっております。シャンパンカラーのフロントは、厚みがあるため黄色が強く出ているので薄いブルーや薄いグリーンのカラーレンズを入れるととてもお洒落でお勧めです。
 
 
5色それぞれに違った良さがあるので、是非全色揃っている内にお試しいただきたいです!
お問い合わせは、お電話でもメールでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
ご覧いただきありがとうございました。
 
BY Yamaguchi

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/06/07

Lesca “Upcycling series”『CLAN』『ODET』の入荷案内 他

皆様こんにちは。

本日はフレンチヴィンテージを現代に伝承するアイウェアブランドLesca LUNETIER(レスカ ルネティエ)より数量限定コレクション『Upcycling series(アップサイクリングシリーズ)』に2022年春に追加された2つの新型『CLAN(クラン)』『ODET(オデット)』をご紹介させていただく他、当店にストックしている『CROWN PANTO 8mm』『BRUT PANT 8mm』もご紹介させていただきます!
(※以前のブログで紹介したものもございます。)
 

1つのコレクションとして整い始めた『Upcycling series』は1950〜1960年代の貴重なデッドストックアセテート素材を惜しみなく用いてLesca家オリジナルの1960年代に生まれた名作と呼ばれたヴィンテージフレームデザインを復刻するというブランドコンセプトの実現をしています!
 
 
まずは新型の2型についてご紹介いたします。
 

『CLAN』について・・・
『一家』の意味を持つこのモデル名は血縁だけでなく同じ価値観を持つ者同士の繋がりも意味しており、1964年から続く『Lesca LUNETIER』が守り続けてきた職人との絆からインスパイアして名付けられました。

そのデザインの特徴はリアルヴィンテージでは「Round Panto(ラウンドパント)」と呼んで親しまれてきました。クラウンパントが王冠を逆さまに被せたエッジ感のあるデザインならば、そこがラウンド(曲線の意)形状ならばという意味です。

一般的なボストン型と違ってフロント両サイドがグっと突き出したデザインになっており、まさにヴィンテージ由来の特徴をしっかりと忠実に再現しています。また、これまでのUpcyclingには存在しなかった「フロント厚約5mm」のアセテート生地が採用されておりスタイリッシュに掛けられるアイテムになっています。
 

『ODET』について・・・
Lescaのデザイナー、Joel Lesca(ジョエル レスカ)氏の叔母のファーストネームに由来するモデル名が名付けられています。その叔母自身も夫と共にフランス東部のモレ(Morez)で眼鏡のアトリエを営んでおりLesca家のヴィンテージフレームの多くはこのアトリエで作られていたそうです。

そのデザインはクラウンパントから派生した独特なスクエアシェイプになっています。元々のリアルヴィンテージでもその存在は有名で野暮ったさの残る天地幅広めのスタイルにシェイプ内側を大きく外に逃し、外側はほぼ垂直にラインを描くことで風変わりな雰囲気を醸し出すアイテムになっています。

縁感が幅広でアイサイズ自体はかなり小さめにデザインされているところもポイントです。こちらも『CLAN』同様に「フロント厚約5mm」のアセテート生地が採用されているため見た目以上に掛けやすくなっています。
 
 
そして、大変お待たせいたしました!

前置きはこれくらいにして自由が丘店で保有しているコレクションを一挙にご紹介させていただきます!
なお、商品は備わっているガラスレンズのカラー含めて『各1点ずつ』のため完売の際はご了承くださいませ。
(※2022.6.7時点のストックとなりますため先にInstagramでご紹介した時点より欠品しているカラーもございます)
 

↑model.CLAN NEW
Frame col.1 / Lens col.ライトブルー

 

↑model.CLAN NEW
Frame col.7 / Lens col.ミドルブルー

 

↑model.CLAN NEW
Frame col.14 / Lens col.ダークグリーン

 

↑model.ODET NEW
Frame col.5 / Lens col.ライトグリーン

 

↑model.ODET NEW
Frame col.12 / Lens col.ミドルブルー

 

↑model.ODET NEW
Frame col.13 / Lens col.ミドルグリーン

 

↑model.CROWN PANTO 8mm
Frame col.1 / Lens col.ダークブラウン

 

↑model.CROWN PANTO 8mm
Frame col.1 / Lens col.ライトイエロー

 

↑model.CROWN PANTO 8mm
Frame col.6 / Lens col.ダークブラウン

 

↑model.CROWN PANTO 8mm
Frame col.7 / Lens col.ダークグリーン

 

↑model.CROWN PANTO 8mm
Frame col.15 / Lens col.ライトイエロー

 

↑model.CROWN PANTO 8mm
Frame col.15 / Lens col.ミドルブルー

 

↑model.CROWN PANTO 8mm NEW
Frame col.EC-CR / Lens col.レッドブラウン
※モデル名など刻印なしver.

 

↑model.CROWN PANTO 8mm NEW
Frame col.EC-CR / Lens col.ダークグリーン
※モデル名など刻印なしver.

 

↑model.BRUT PANTO 8mm
Frame col.3 / Lens col.ライトイエロー

 

↑model.BRUT PANTO 8mm
Frame col.4 / Lens col.ミドルグリーン

 

↑model.BRUT PANTO 8mm
Frame col.13 / Lens col.ライトグリーン

 
 
気になった方はぜひ店頭でご試着くださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/04/24

THOM BROWNE. 個性的なラウンドシェイプ『TB-000』の魅力

皆様こんにちは。

本日はアメリカN.Y.を拠点とするファッションブランド【THOM BROWNE.(トムブラウン)】よりリミテッドモデル『TB-000』をご紹介させていただきます!

モデルナンバー『000』を名付けられた本モデルはデザイナー、トム・ブラウン氏がアイウェアデザインに着手する前、構想を膨らませるために訪れたアメリカのヴィンテージフレームショップで見たラウンドフレームに触発され、彼自身が初めてスケッチしたフロントデザインであるということから由来しています。

2011年の秋冬から本格的なアイウェアコレクションをスタートして以来ラウンドシェイプも多く発表されてきましたがその原点とも言えます!

基本的なスタイルはフロントがアセテート、テンプルがメタルのコンビネーションになっており、掛け心地の良さは歴代の『TB-701』や『TB-011』などで証明されているブランドの代表的構造です。

ヴィンテージフレームを思わせる太めのボリュームに合わせたレンズシェイプはラウンドとスクエア(それも正方形に近い形)を絶妙にミックスすることで生まれる個性は
「ラウンドシェイプ」という基本的な概念に照らし合わせた時、本モデルは逸脱したデザインではあるもののそこにトムブラウンの魅力が詰まっています!

メタルテンプルのデザインは左テンプルのみ「4-BAR」を表現したメタルアクセントを入れ、エンドチップには定番の星条旗カラーを示すトリコロールで耳元を飾ることでさりげなくお洒落を楽しむアイテムに仕上がっています。

また、本作は前述通り『特別なモデル』ということもあり、テンプルには『シリアルナンバー』が刻印されていることもあり愛好家は抑えておきたいアイテムです。

 
展開カラーは全2色で各1本ずつ入荷いたしました!


↑model.TBX000-A-01(Black-Black Iron)
限定生産本数:200本(当店入荷No.:2/200)
商品ページは<こちら>
 

↑model.TBX000-A-02(Black-Black Iron)
限定生産本数:100本(当店入荷No.:5/100)
商品ページは<こちら>

 
 
気になった方はぜひ店頭でご試着くださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/04/02

999.9 シンプル・イズ・ベストを体現した『AP-30シリーズ』がついに入荷!

皆様こんにちは。

本日は日本を代表するアイウェアブランド【999.9(フォーナインズ)】の「2021-2022 NEW COLLECTION」より注目作『AP-30シリーズ』が店頭に揃いましたので本記事にて一挙にご紹介させていただきます!

「AP-30シリーズ」はこれまで発表してきた「AP(アドバンスドプラスティック)シリーズ」の良さを突き詰めながら、時流に合わせた3種類のフロントデザインを発表したシリーズとなります。
一言で言うならばタイトルコール通り「シンプル・イズ・ベストの体現」と言えます。しかし、そのシンプルなスタイルの中には一目では分からないほど緻密に練られたブランドのこだわりが随所に盛り込まれています。

「APシリーズ」と言えばブランドの代名詞でもある「逆Rヒンジ」を採用しない代わりに「テンプル内部にβチタン製の芯金」を用いることでフレキシブルな構造を実現し、着用者に掛かる負担を極限まで抑えることができます。

そしてデザインポイントでもあるメタルパーツにはカシメを模した2PINドットのアクセントと芯金にオフセットラインを施すことでさりげなく高級感を放つアイテムへと昇華させています。

そして「フォーナインズはなぜ掛け心地が良いのか?」と言う問いへのシンプルな答えとして、フレーム全体を見た時に頭全体を包み込むようなカーブが備わっており、これが究極の装用感を生み出す鍵となっています。

もちろんそれだけではありません!

細かな調整がしやすい「クリングスアーム付きのノーズパット」の先端には長年のデータに基づいて試行錯誤し、鼻筋に最適なフィット感をもたらす「球面形状パット」もクオリティを底上げしてくれる要因となっています。

 
さて、少し前置きが長くなりましたが続いては当店にて入荷したアイテムを3種類のシェイプ別にそれぞれご紹介させていただきます!

ボストン型の『AP-30』では程よいサイズ感はもちろんのこと、リム(縁)全体も厚みを持たせる箇所と細く描く箇所をしっかりと描き分けることで繊細な表情をつくってくれるアイテムです。
ヴィンテージスタイルやクラシックスタイルとは異なり、現代シーンにフィットする完成されたボストン型と言っても過言ではないほどです!

入荷したカラーは3種類。


↑model.AP-30 col.90(ブラック)
 

↑model.AP-30 col.19(ライトビール)
 

↑model.AP-30 col.93(ライトレッドブラウン)
 
続いてはこちら

ウエリトン型の『AP-31』は一般的なウエリントンと違いアメリカンヴィンテージ風の少し小ぶりで縁感もしっかりとしたスタイルを取り入れることのできるアイテムです。このスタイルはシリーズの中でもカシメ飾りに施された2PINデザインが特にアクセントとして活きています。

入荷したカラーは3種類。


↑model.AP-31 col.90(ブラック)
 

↑model.AP-31 col.88(クリスタルスモーク)
 

↑model.AP-31 col.810(イエローブラウンササ×クリアブラック)
 
最後はこちら

スクエア型の『AP-32』は近年ではやや少なってきたレンズの上下幅を抑えた安定感抜群のアイテムです。適度な縁感とフレーム全体にエッジをあまりつけないことでシャープ目な印象になりがちなスタイルをより顔なじみよくした優秀なモデルです。

入荷したカラーは2種類。


↑model.AP-32 col.91(ブラックマット)
 

↑model.AP-32 col.88(クリスタルスモーク×クリアブラック)
 
 
「2021-2022 NEW COLLECTION」では【WEAR THE QUALITY(品質を身に纏おう。)】というコンセプトのアイテムが数多く発表されました。

昨今のアイウェアはデザインだけでなく高品質かつ掛け心地が良くて初めてお客様にセレクトしていただけるという情勢の中でフォーナインズの強みがここぞとばかりに発揮された本作が気になった方はぜひ店頭でご試着くださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/03/27

Lesca 3月入荷アイテムのご紹介!『BRUT PANTO』『HERI』『PICA』など

皆様こんにちは。

本日はフランチヴィンテージを伝承するアイウェアブランド【Lesca LUNETIER(レスカルネティエ)】より3月に当店へ入荷したおすすめのアイテムをまとめてご紹介させていただきます!


↑model.1964 6mm col.100

レスカの原点とも言える1964年創業当時のエッジの効いたクラウンパントを復刻したモデルです。元々『VINTAGE 1964』というモデル名で展開しており、一度生産終了もささやかれておりましたが人気の高さもあり再生産されました!現行の『PICA』と異なり、縦に長いヨーロッパのパントシェイプというところも通なポイントです。
フレームカラーはブラックです。
 

↑model.BRUT PANTO 8mm col.3

以前紹介した『CROWN PANTO 8mm』と同じくヴィンテージのアセテート生地を用いた限定コレクション「Upcycling acetate(アップサイクリングアセテート)」の2ndコレクションです!正方形に近く横幅を抑えたウエリトン型と鼻の高いフランス人が好む高いブリッジが特徴の「パリジャンシェイプ」は間違いなくフレンチヴィンテージで次に注目される形です。
フレームカラーは表がライトブラウンのササ柄で裏がライトグリーンの貼り合わせになっています。フレームとして掛けるのもオススメです!
 

↑model.DOXA col.061

2021AWの新作コレクションの1つです。1950年代の大きなスクエアモデルがベースとなったアイテムでフロントデザインに強い斜めのラインを描くことで個性的な表情をつくります。フレームカラーはマーブル(大理石)柄と鱗(ウロコ)柄が絶妙なバランスがとても綺麗な色味がヴィンテージデザインにうまく溶け込んでいます。
 

↑model.GASTON col.CO(Cognac)

コルビジェモデル『La Corb’s』とよく比較される8mm厚のフロントを持った極太のボストンモデルです。キーホールブリッジを入れたり顔なじみの良いシェイプデザインから入荷するとすぐに完売してしまう隠れ名作です。フレームカラーはコニャック(クリアブラウン)です。
 

↑model.HERI col.3(Crystal)

『PICA』の太い縁感と違い細身ながらもしっかりクラウンパントの魅力が伝わってくるデザインで、日常でもクセがなく使いやすいおしゃれなアイテムとしてここ最近注目度が急上昇しています!
フレームカラーはクリスタル(クリア)です。
 

↑model.HERI col.22

こちらのフレームカラーは表がダークブラウン、裏がライトブラウンのバイカラーになっているフレームです。べっ甲柄ではないブラウン系でお探しの方にオススメです。
 

↑model.HERI col.424

Lescaの定番とも言うべき赤茶のべっ甲柄です。
 

↑model.HERI col.A1

フロントの表がブラックとべっ甲柄の2トーン、裏にベージュが貼り合わさったカラーです。一見ブラック単色(col.100)に見えるものの違いをしっかりと出すことができるため、当店では密かな人気を獲得しているカラーです。
 

↑model.PICA col.036

Lescaの代表モデルの一画でもあるクラウンパントモデルです。そのデザインの魅力は実際に掛けてみることで初めて気づかされるお洒落なアイテムです。
フレームカラーはライトブラウンハバナです。他のハバナ(べっ甲)柄より色合いが柔らかくオススメです。
 

↑model.PICA col.083

フレームカラーはダークブラウンとコニャックの2トーン、裏にクリアが貼り合わさったカラーです。Lescaのアイテムの中でもあまり見かけないフレームカラーのためぜひこの機会にお試しください!
 

↑model.VINTAGE ROUND PANTO 6mm col.Havana/Dark Brown

最後はとても貴重で1点のみ入荷できたリアルヴィンテージのアイテムより『ラウンドパント』をご紹介。クラウンパントと異なりフレームの上部が水平のカットではなくラウンド(円弧)を描くデザインになっています。このブログを書いている時点では現行モデルに存在していない形のためヴィンテージフレーム愛好家には絶対抑えておいて欲しいアイテムです!

 
 
気になった方はぜひ店頭でご試着くださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/03/11

anne et valentin 当店おすすめ入荷アイテムのご紹介

皆様こんにちは。

本日はフランスのアイウェアブランド【anne et valentin(アンバレンタイン)】より当店に入荷したおすすめのアイテムをたくさんご紹介をさせていただきます!

まずは『DRAKE(ドレイク)』をご紹介させていただきます。

フランスヴィンテージの伝統的な小ぶりのクラウンパントシェイプに独自のエッセンスを取り入れたデザインのアイテムです。
基本形から程よく崩し、智元をラウンドフレームのようにシェイプの中心位置まで落とし、クラウンパント最大の特徴であるエッジを強めに出すことで小さなレンズとのバランスをよく活かしています。

また、シェイプサイズに相反するような大きめのキーホールブリッジをデザインに取り入れているところや全体的に凹凸の少ないフラットデザインということもあって存在感もしっかりと表現できるモデルと言っても過言ではありません!

テンプルデザインも少し特徴があってどんな角度から見てもメガネが印象付けられるとこともポイントです!

・・・実は当店のとある顧客様からのお問い合わせがきっかけで入荷して見たところ、「これはぜひ多くの人に知ってもらいたい」と思い揃えて見ました。
 
入荷したカラーは3種類。
 

↑model.DRAKE col.1741

赤茶のべっ甲柄のカラーです。ヴィンテージ系デザインと相性が良く肌馴染みもよいカラーです。
 

↑model.DRAKE col.1742

ブルーの色味がやや強いネイビーカラーです。カジュアルさもありながらオンスタイルでも活躍する現代的な雰囲気を放つ色味です。
 

↑model.DRAKE col.1743

オリーブカラーに少し柄の入ったカラーです。掛けた時に覗かせるクラシックかつシックな雰囲気がとてもおしゃれです。
 
続いてはアンバレンタインのコンセプトラインの中でも高い人気を誇るコンビネーションアイテムより『FRAGOLA(フラゴラ)』をご紹介いたします。

小さ過ぎず大き過ぎないボストンシェイプをベースにブリッジを落とし込むことで目元をパッチリとさせるキャットアイ風のスタイルを自然にスタイリングするアイテムです。
 
入荷したカラーは1種類。
 

↑model.FRAGOLA col.21B14 NEW COLOR

メタル部分(ブリッジ&テンプル)はサーモンピンク、フロントに単色カーキグレーを合わせたフレームカラーです。
サーモンピンクは掛けた時に肌色を明るく見せてくれる意外と重宝するカラーです。カーキグレーの縁感もブラックほど強く出ないためさりげなくおしゃれを楽しみたい方におすすめです!
 
続いてこちらも同じコンセプトラインのアイテム『FLAMINGO(フラミンゴ)』

コレクションの中でも目を惹くオクタゴン(八角形)のアイテムです。やや大きめに感じるラウンドのレンズシェイプに合わせでエッジの存在感が強く出過ぎないようにかと言って大人しくなり過ぎない絶妙なバランスがとてもおしゃれです。
また、ブリッジも八角形に合わせてあえて角ばったデザインにしているなど細かいところで違いを見せてくれています。

 
入荷したカラーは1種類。
 

↑model.FLAMINGO col.21B12 NEW COLOR

メタル部分はベージュ、フロントにブラウンのべっ甲柄を合わせたフレームカラーです。クラシカルな印象も抱かせながらしっかりと遊び心のあるテイストがフランスのブランドらしくて良さを感じます。
 
続いてはここ最近注目を集めるコンセプト【MAP】より『DESSIN 2(デッサン・ツー)』をご紹介いたします。

こちらもスタイルに取り入れやすいサイズ感のボストンシェイプのコンビネーションモデルです。『DESSINシリーズ』もシェイプデザインが多岐にわたりますが、その中でも日常の生活に取り入れやすいスタイルとして本作を入荷しました。
上でご紹介したコンビネーションモデルに近いスタイルながらもメタルに刻印された模様など細部の違いをしっかりとデザインに取り入れることで高級感のあるスタイルを作ることができます。
 
入荷したカラーは1種類。
 

↑model.DESSN 2 col.21C07 NEW COLOR

メタルはブラッシュゴールドに模様の彫り込みはレッドカラーで彩りを加えています。フロントはブラウンのべっ甲柄とカーキのツートンになっており、大人びた雰囲気が感じ取れるおすすめのカラーです!
 
最後はチタン素材を用いたアイテム『REALITTY(リアリティ)』をご紹介いたします。

隠すまでもなくきちんとしたフォックスシェイプが非常にアイコニックなアイテムです。面と線を複雑に組み合わせた繊細さもありシリーズの中でも傑作といえるモデルではないでしょうか。
また、チタン素材によってコレクションの中でも軽量で掛けやすいところもあり、ヨーロッパの女性が愛用するデザインを本場であるフランスのブランドで掛けて見たい方はぜひ手にとって見てください。
 
入荷したカラーは1種類。
 

↑model.REALITTY col.20A49

ブラック×ゴールドのキリッとした配色が少しだけ攻めたフォックススタイルにはよく馴染みます。ブラックはつやを抑えたマットブラックになっているため実際に掛けてみるとクセが強くないためおすすめです!また、テンプルエンドの淡いグリーンのポイントが隙のない繊細さの中にもさりげなく遊び心を感じさせてくれます!
 
 
アンバレンタインのメガネは掛けた瞬間からストーリーが始まるようなとってもおしゃれなデザインが非常に魅力的なアイテムになっています。気になった方はぜひ店頭でお試しくださいませ。
 
 
皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ

22/02/24

Lesca 『CROWN PANTO 8mm』新色入荷しました!

皆様こんにちは。

本日は前回に引き続きフランスのアイウェアブランド【Lesca LUNETIER(レスカルネティエ)】より世界中の愛好家から注目を集めるリミテッドコレクション『Upcycling acetate(アップサイクリングアセテート)』より『CROWN PANTO 8mm』を入荷いたしましたのでご紹介をさせていただきます!

『Upcycling acetate(アップサイクリングアセテート)』とは貴重なヴィンテージのアセテート生地を現代のコレクションとして蘇らせたレスカの新しい試みであるととも素材の質感などリアルヴィンテージとの違いも愉しめる数量限定のコレクションです。

過去2回行われたコレクションはいずれもすぐに完売となってしまうなどコレクションの知名度が急上昇してきています。ヴィンテージ生地という貴重な素材を用いる関係上、1カラーにつき全世界で約60本程度しか製造できないなどの制約もあることも価値を高めている要因になっています。

今回の3rdコレクションではリアルヴィンテージで見かけたことのあるカラーが採用されており、どのカラーも非常に魅力的なものばかりとなっております!


↑model.CROWN PANTO 8mm col.1

リアルヴィンテージでも存在していた黒の模様が少なめのハバナカラーのフロントにブラックカラーのテンプルの配色です。フロントの裏に2mm程度のクリア生地が貼り合わさっているところも注目ポイントです。
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.2

現行モデルの[col.228]にかなり近い色みのイエローハバナとブラックの2色を半分ずつ貼り合わせたフロントにブラックカラーテンプルの配色です。フロント裏面のブラックが思いの外イエローの色味をうまく中和してカジュアル感を控えめにしているところがポイントです。
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.4

表面2mm程度がブラック、裏面6mm程度がライトグリーンカラーのフロントにブラックカラーテンプルの配色です。全体的にシックなスタイルをつくりながらふとした瞬間に挿し色のグリーンが程よい遊び心を感じさせるカラーです。
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.5

クリア系のグレーグリーンとクリア生地の2色を半分ずつ貼り合わせたフロントにブラックカラーテンプルの配色です。ここ最近注目を浴びるオリーブ系とは異なるヴィンテージ生地らしい深みのある色合いが特徴です。
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.6

透き通ったブラウン系のハバナ柄のフロントとブラックカラーテンプルの配色です。現行の[col.053]に近い色味ながらもヴィンテージ生地らしい風合いがしっかりと出ているところが魅力的です。
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.7

1stコレクションの際に存在していたブラウンササ柄の表面に鮮やかなライトピンクを貼り合わせたフロント&テンプルがとてもお洒落な配色です。フレッシュピンクというよりは少しトーンを抑えているため肌馴染みの良いカラーに仕上がっています。
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.9

赤みを抑えたダークブラウンがクリアにグラデーションしているフロントとフロント上部の単色テンプルの配色です。生産本数が極めて少ないため当店でも当初予定していた入荷本数が確保できなかった貴重なカラーです。何より、[mod.PICA]でDEGなどのグラデーションカラーが非常に注目を浴びているためお勧めのカラーです!
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.11

ベースはヴィンテージフレームで見かける斑らの繊細なブラウンハバナですが、フロント表面にクリア生地が貼り合わさっているというささやかなこだわりポイントがあります。テンプルはブラック単色です。
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.12

オレンジ色の強いブロンド単色のフレームカラーです。こちらも1stコレクションで使用されていたカラーに近いですが、こちらは貼り合わせ生地ではなく単色ということで待ち望んでいた方も多かったのではないでしょうか?
 

↑model.CROWN PANTO 8mm col.13

フロント表面に2mm程度グリーン、裏面6mm程度をダークブラウンのべっ甲柄の貼り合わせ生地を用いたフロントにブラックカラーテンプルの配色がポイントのカラーです。
言われてみないと気づかないこだわりが詰まったデッドストックのヴィンテージ素材ならではの風合いがあるカラーです。
 
紹介前にすでに完売となってしまったカラーもございますので気になった方はぜひお早めに店頭でお試しくださいませ!
 
また、リアルヴィンテージのフレームも下記の1点のみ在庫がございますので探されていた方はぜひお問い合わせくださいませ。

↑model.VINTAGE CROWN PANTO 8mm col.ORANGE SASA(オレンジササ)
 
 
皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。
 
BY Takahashi
 
自由が丘Blogにて紹介したアイテムを麻布店でご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
※在庫確認の際は上記の『カラーNo.』やこのブログページをご覧いただいていることなどお伝えいただけますと幸いです。

BEAUXYEUX JIYUGAOKA
ボズュー自由が丘

ロゴ
beauxyeux-logo

店舗案内

  • 住所 東京都目黒区自由が丘1-16-13 ヒルズ自由ヶ丘1F
  • 営業 11:00 ~ 20:00
  • (年中無休)
  • 電話 03-5731-6612
  • E-mail jiyugaoka@beauxyeux.jp
  • お問い合わせ