・  Persol | ペルソール ・

Persol ペルソール メイン画像

1917年ペルソールは、写真家でアイウェアに携わっていたジュゼッペ・ラッティが、イタリアのトリノで創業。ジュゼッペ・ラッティは、ペルソールの創業以前のラッティ・オプティカル・インダストリーズ・ソサエティ(Ratti Optical Industries Society)社を設立し、操縦士やレーサーのための眼鏡を作り始め、プロテクターと名付けられたバンドで頭に固定されるゴーグルはイタリア軍に採用された歴史がある。
1938年、改名して、ブランド、ペルソールを設立。1957年には、トリノの電車の運転手のために開発した、風を埃を防げるサングラス「0649」が誕生。ペルソールの機能面でかかせないのがステンレス芯が通ったナイロンとメタルのシリンダーを埋め込んで曲がりやすくなったテンプルは顔の形状にもフィットし心地よさを与られるように開発されたテンプルもペルソールらしさを感じられるデザインになっている。その機能は現在も受け継がれ心地の良いフィット感はペルソールの特徴になっている。
ペルソールといえば剣からインスパイアされたペルソールのアイコンマークの矢(シルバーアロー)のデザインも現在でも色あせないデザインでブランドを象徴するデザインとなっている。

世界で初めてサングラスに強化ガラスやUVカットレンズを採用されNASAでも使用された歴史をもつ。現在のモデルも強化ガラスが使用され伝統の守られたものずくりのこだわりも魅力の1つ。
1961年にマルチェロ・マストロヤンニが映画『イタリア風離婚協奏曲』の中で着用。またスティーブ・マックィーン映画「「華麗なる賭け」ペルソールのサングラスを使用し話題となる。スティーブマックィーンはプライベートでも愛用していたことでも有名。映画「ナイト&デイ」のトムクルーズがペルソールのサングラスを着用、映画「007 カジノロワイヤル」でダニエル・クレイグもペルソールのサングラスを着用されたことも有名。現在でも映画、プライベートにも多くの著名人が愛用していることでも知られている。
ペルソールのブランド名はイタリア語でPer il Sol 、英語でFor the Sun「太陽のため」を意味する。


店長・小宮山より

最近はペルソールのモデル名 714.649はハリウッドスターやイタリアのファッショ二スタの定番サングラスになっており、日本でも雑誌に頻繁に取り上げられ注目度が上がっています。今のはやり、というよりも長いヒストリーの中で仕上げられたイタリアらしいデザインは長く愛用できるアイテムであることは間違いありません。時代が変わってもデザインが色あせないペルソールの魅力になぜか惹きつけらる方も多いはずです。男女ともにオススメのイタリアブランドです。