・  取り扱いブランド一覧 ・

999.9

フォーナインズ

1995年に誕生した日本ブランドです。常に最高品質を目指す姿勢がブランド名に込められ、”999.9″は純金の品質表示に由来します。眼鏡は視力矯正のための道具であることを基本コンセプトに日本人に向けて製作されています。

anne et valentin

アンバレンタイン

アンバレンタインは人間の顔を良い意味で変えてくれます。他の眼鏡では感じることのできない独特のデザインは、掛けた方の魅力をよりいっそう引き立たせ、フレームのカラーやデザインが似合う方には手放せない眼鏡。

alain mikli

アランミクリ

“見るための見られるための眼鏡”をコンセプトにアランミクリ氏が創立したフランスを代表するブランド。現在では世界的なアイウェアを代表するブランドのアランミクリはメガネ業界だけでなくファッション業界にまで大きな影響を与えている。

BARTON PERREIRA

バートンペレイラ

デザイナーのパティ・ペレイラ氏はPRADAサングラスのファーストコレクションも手掛けており、彼女の作り上げるデザインは当時から評価が高く注目が集まる。コレクション生産は日本で行われており高品質にこだわり作られている。

BCPC

ベセペセ

メガネをファッションアイテムとしてよりカジュアルに捉える女性たちへの提案としてボストンクラブのブランドとして1998年にスタート。デザイナーが面白いと感じたアイディアを形にしたデザインが魅力的。

BOZ

ボズ

エキゾチック でフェミニンな印象のコレクションが特徴。自然をモチーフにし、プラスチックの立体的な削り出しによって浮かび上がらせる手法を使い、芸術的で1つの作品のようなフレームを提案しているフランスのブランド。

COPPE & SID

コーペ&シド

グラッテレリオ・コーペ氏とシド・フィズ氏の二人によって2010年に創設されイタリアのブランドで、「COSMOPOLITAN EYEWEAR」をコンセプトに世界中を旅して得た経験をフレームのデザインに取り入れている。

DEROME BRENNER

デロームブレナー

Yves Saint-Laurent、LOUIS VUITTONのプロジェクトにも参加したメガネデザイナーのデローム氏が手掛けている。自社アトリエにて製作された独自の技術でアセテートを何層にもあわせて作られるオリジナリティの高いコレクションが特徴。

DIFFUSER

ディフューザー

【DIFFUSER】は2012年の秋に立ち上げた新機軸のアイウエアアクセサリーブランドで、今までのマーケットには存在しなかったメンズファッションを切り口とし良質な素材から感じる高級感を融合させ新しい価値を提案し続けている。

DITA

ディータ

DITAは1995年、ハリウッドにて誕生したアイウェアブランドです。”BREAK THE MOLDS(型にはまるな)”というコンセプトのもと、アメリカにて次々と新たなトレンドを築き上げている。製造は日本で製作され高いデザイン性が人気です。

FACTORY 900

ファクトリー900

工場番号”900″番を意味したブランド名で、世界でも見かけない技術で作られた立体構造はオリジナル性が極めて高い。油圧プレスという製法を駆使し、常に見たことがないフレームをデザイナー・青山氏の自由な発想から生み出している。

FILAO

フィラオ

キャロライン・エイブラムの手掛けるフランス・パリから発信されるブランド。エスプリの効いたクリエイティブなメガネフレーム、アクセサリーは世界各国で幅広い年齢層に支持されているブランド。

Francis Klein

フランシスクライン

パリらしいエレガント、キュート、クラシカル、などデザインの種類も豊富、目元を飾るアクセサリーのようにカラフルな眼鏡はメイクのように変化をするデザインやカラーは気分も変わりパリ気分になれるようなフレームです。

ic! berlin

アイシーベルリン

シートメタルのパイオニアとの異名を持つドイツ・ベルリンのブランド。素材にはわずか0.5mm厚の柔軟性の高いステンレスシートが使用されている。柔軟性がありネジ・接着剤不要という革新的なアイデア採用している。

Jacqes Durand

ジャックデュラン

STARCK EYESのプロジェクトマネジャーを務めていたジャック デュラン氏が2008年に立ち上げたブランド。彼のアイウェア業界における長年の経験とクラシックが融合したデザインが魅力的。完全受注生産モデル「Plus is +」も展開。

JAPONISM

ジャポニスム

19世紀末、日本美術が西洋美術、欧米ファッションなどに影響を与えたムーブメント“ジャポニスム”に由来。高い感性と福井県・鯖江の技術を受け継ぐ熟練工がお互いに刺激し合い、本物の眼鏡づくりがフレームに表現されている。

J.F.REY

ジェイエフレイ

ジャン・フランソワ・レイ氏によるアセテート生地の独特なカッティングやメタルとのコンビネーションなど、3次元な奥行きと空間を持たせ、眼鏡のデザインとは思えないほど、芸術的で遊び心溢れるコレクションを展開している。

JULIUS TART OPTICAL

ジュリアス タート オプティカル

ジュリアス・タート氏の意思を継ぐブランドとして甥であるリチャード・タート氏によって新規に創設したブランド。N.Yの古き良き時代の風合いを残しつつ、アートやカルチャーにインスピレーションを受けたリアルなフォルムを忠実に再現する。

lafont.

ラフォン

流行に左右されることのない確固としたスタイルと独自の美意識に裏付けられたブランドの価値は、設立から30年経った今も、ラフォン家に流れるひとつの意志として受け継がれている。

Lesca LUNETIER

レスカ ルネティエ

ジョエル・レスカ氏によるアーカイブのデザインをフランス・ジュラ地方にてハンドメイドで仕上げられるクラシックテイストのデザインが特徴。1世紀以上眼鏡業界を牽引してきた歴史あるブランド。

OLIVER GOLDSMITH

オリバーゴールドスミス

1926年創業の英国老舗ブランド。当時は1本ずつハンドメイドで仕上げ眼鏡店へ提供していた。現在は、過去に多くの著名人をも魅了した50年代から70年代のモデルをメインに復刻されている。

OLIVER PEOPLES

オリバーピープルズ

ヴィンテージというテーマを一貫してアイウェアを生み出している。ロサンゼルスの若い3人の経営者のもとにNYから送られてきたひとつの小包に収められたヴィンテージフレームとの出会いから始まった。

orgreen

オルグリーン

「エクストリーム×北欧デザイン」を得意としており、近年ではチタンシートに施した綺麗なカラーリングラインが増え、北欧らしいデザインが受け入れられている。

Persol

ペルソール

ブランド名に「太陽のため」を掲げ、アイコンマークのシルバーアローが特徴的なイタリアブランド。スティーブ・マックィーンやダニエル・クレイグが劇中でサングラスを使用していたことでも有名。

SAINT LAURENT

サン・ローラン

「モードの帝王」との異名を持つ、アルジェリア出身のデザイナー、イヴ・サンローランが1962年に発表した自身の名を冠したブランド。新しいエレガンスなスタイルを提唱し続けるフランスを代表する世界的ブランドです。

STARCK EYES

スタルクアイズ

フィリップスタルク氏とアランミクリ氏のコラボレーションとして1996年にフランスの国際眼鏡展示会・シルモ展でブランド発足が発表された。人間工学に基づいた発想から、360度動かせるヒンジを3000時間を費やして開発された話は有名。

TARIAN

タリアン

2010年に設立。アイウエア界の巨匠アラン・ミクリを父に持つ。フランス製の品質のよさと独自の世界観で製作されているコレクションは評価が高く、SILMO d’Or 2012 サングラスの部門で受賞しており、各国バイヤーが注目している。

TART OPTICAL

タートオプティカル

1948年ニューヨークで創業され、ジェームス・ディーンなど、数多くの著名人が愛用した伝説のブランド。1970年代に休業することになるが、2011年にデヴィット・ハート氏により、高品質でハンドメイドの日本製として復刻された。

THOM BROWNE.

トム ブラウン

デザイナーのトム ブラウン氏が自身の名を冠して設立したファッションブランド。アメリカントラディショナルにこだわり、アメリカの黄金時代と呼ばれる1950年から60年代前期にインスピレーションを得た新しいクラシックを提案している。

TOM FORD

トム フォード

2005年4月にトム フォードが自身の名を冠してブランドを立ち上げ、同年12月よりにアイウェアコレクションを発表。映画『シングルマン(A Single Man)』でトムフォードは映画監督デビューをし、主演のコリンファースがTF5178を着用。

TVR

ティーブイアール

眼鏡フレーム生産における第一次黄金期である1950年代の歴史的名品といわれるアイウェアを日本の高度なクラフトマンシップによって製造し本当の意味での復活をアイデンティティにしている。

zerorh+

ゼロアールエイチプラス

zero rh+は血液型のO型rh+を意味しており、年齢・性別・ジャンル・シーンを特定する事無く、全ての人々にブランドを使用してもらい、その素晴らしさを実感してもらいたいという想いがブランド名に込められている。