・  lafont. | ラフォン ・

lafont-Main

【lafont.(ラフォン)】はフランス・パリに拠点を置くアイウェアブランドです。1923年に創業者のルイ・ラフォンがパリのマドレーヌ界隈に眼鏡店ラフォンブティックをオープンさせたことがブランドの始まりです。2代目のジャン・ラフォン時代に後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスがオリジナルのコレクションを発表し、パリの”アール・ドゥ・ヴィーヴル(フランス人の哲学や美学に基づく心地よい生活スタイル)”に根差した独自のテイストのデザインや配色のセンスは世界中から瞬く間に高い評価を集めました。現在はロランスの息子であるトーマ・ラフォンが4代目に就任しラフォン家のDNAを受け継いでいます。

ラフォンのデザインスタジオはパリの南に隣接する住宅街にあります。分厚い美術書や専門書がぎっしりと収められた壁はデザインチームが日夜ブレーンストーミングするための写真やメモで埋め尽くされている程です。他にも色見本の布生地やセル生地、リボンやボタン倉庫まで見ればランプや鳥かご花瓶、額縁、植物の木片までラフォンの歴史が脈々と息づくそれらは新しいメガネフレームやサングラスのモチーフにも使われています。そうして生み出されたコレクションの数々はエレガンスでパリの街中を歩いているようなそんな気分にさせてくれるもので溢れています。


ボズューより

フランス製ならではの鮮やかなカラーをお好みの方にはオススメしております。日本ではあまりみかけないカラーで表現されたフランス製ならではの職人さんと新しいデザインがラフォンの独自の空気感をフレームから感じとれることができます。また、パリに行ったら立ち寄りたいセンスの良い歴史のあるラフォンのブティックも素敵です。パリのマドレーヌ店、サントノーレ店、リヴゴーシュ店、マレ店がありどのお店も違うイメージでヴィンテージのメガネもあり楽しめるブティックですので行ってみてください!

items