・  JAPONISM | ジャポニスム ・

JAPONISM ジャポニスム メイン画像

ジャポニスムは1996年日本の展示会「IOFT」にてボストンクラブの手がけるハウスブランドとして“ジャポニスム JAPONISM”を発表しました。その名前は19世紀末、日本美術が西洋美術、欧米ファッションなどに影響を与えたムーブメント“ジャポニスム”に由来します。日本の鯖江の技術を駆使して作られる眼鏡フレームのクオリティーは高く、デザインだけで終わらない機能性と実用性、さらに遊び心をエッセンスに仕上げられ「機能が自然な形状に内包されたフレーム」それが“ジャポニスム JAPONISM”です。進化しつづける独自のデザインと機能性、その造形を世界最高品質の日本・鯖江で作り手と眼鏡職人がお互いに刺激し合い本物の眼鏡づくりが仕上げられている。デザイナーのフレームに対する感性と熟練工たる作り手がお互いの思いが眼鏡づくりに反映されており1本1本のフレームに表現されています。近年発表されたコレクション【PROJECTION プロジェクション】は「良いものと長く付き合うことで得られる心の豊さ(GOOD THINGS FOR LONGTIME)」をコンセプトとして考案されたオリジナルの機構をもち、消耗パーツを簡単に交換することができる構造を備えられており好評のコレクションです。

【BAMBOO(バンブー)】竹を素材にしたオリジナルコレクションです。竹は京都産の高級ブランド竹を使用しております。1枚1枚、職人の手により削られ磨き上げられたフレームは、使い込まれるごとにその風合いをお楽しめるフレーム。
【High stage ハイステージ】全ての制約を取り払い、純粋に新しく美しい眼鏡をデザインしたコレクション。無駄を一切省き、突き詰めたものが「美しさ」と「普遍性」。これらを追求し、眼鏡の新しい領域へと足を踏み入れる事を目的とした特別なラインです。
【PROJECTION プロジェクション】現在のJAPONISMとは対極をなす無駄をそぎ落とした無機的なフォルムは、普遍的な価値観とグローバルスタンダードを追求した、シンプルなデザインとなっています。


店長・小宮山より

JAPONISM ジャポニスム のフレームはデザインとクオリティーの高さと、掛け心地の良さが特徴になっています。ジャポニスムの板バネの構造もフィット感もやわらかく好評です。近年発表されている、ハイステージモデルのJN-1003を初めて見た時は完成度の高さに驚きました。ここまでチタンの素材を使用して作られた構造は初めてみました。またプロジェクションシリーズのヒンジの構造、ノーズパットの構造にも技術力の高さが感じられオススメです!

movie