・  JACQUES DURAND | ジャックデュラン ・

JACQUES DURAND-A

【Jacques Durand(ジャックデュラン)】は1970年代からヨーロッパの眼鏡業界で経験を積んだジャック・デュラン氏が2008年に設立したフランスのアイウェアブランドです。もともとオプティシャンであったジャック氏は【alain mikli】の起ち上げに携わり、1996年には【STARCK EYES】のプロダクトマネージャーも務めています。年月を重ね、2002年にジャック氏は独立を判断し、アイウェアコレクションを開発したい様々なブランドにサービスを提供する会社「Jacques Durand Lunetier社」を設立しました。その後イタリアの投資家の資金援助を得て、JDL社は再編され、「Jacques Durand Occhiali」となると同時にイタリアのオフィスにてブランドを発足しました。

製造はすべてフランスとイタリアで行うと共に材料や各パーツの製造業者・工房のリストアップをしてトレーサビリティを徹底しています。アイウェアデザインはジャック氏の長年の経験とフランスのクラシカルやレトロチックが融合させたものが並びます。フラットなフロントデザインをはじめフレーム表面をブラッシングすることでツヤ消しにして柄のようにも見せる表現技法の他、モデル名やカラーNo.をテンプルの裏側ではなく底面に刻印するなど随所にこだわりを感じられます。日本では音楽家の坂本龍一氏が「PAQUES L 506」を愛用していることでも有名です。また、コレクションには「Plus is +(プラスイズプラス)」というフランスの工房で8mm厚の生地を用いてハンドメイドされている完全受注生産モデルもあります。


ボズューより

ジャックデュランの眼鏡はクラシカルと新しさが融合されたフランスらしい眼鏡。ブランドを導入させていただいた時はフレームを見た瞬間にカラーとデザインに魅了され、取扱いをお願いしました。当時まだマット加工のフレームはとても珍しく、他のブランドにはほとんどみかけませんでした。フランスの展示会でデザインナーのジャックさんとお話しさせていただける機会がありとても勉強になりました。眼鏡に対するデザイナーさんの思いがジャックデュランのフレームに表現されている気がします。

items



HOAPINSU L 111
col.002
¥39,960.(tax in)


HOAPINSU L 111
col.053
¥39,960.(tax in)


PIANOSA M 157
col.094
¥39,960.(tax in)


PIANOSA M 157
col.095
¥39,960.(tax in)