アイコンマークに込めた歴史を現代に伝える Persol | フレンチテイストのメガネ店 BEAUXEYUX(ボズュー) 自由が丘・麻布十番

persola

1938年、写真家であり、アイウェアの技術者でもあったジュゼッペ・ラッティ氏によってイタリア・トリノで創業されたブランドで、
イタリアサングラスの代名詞にもなっており、一流のアイウェアブランドとしての地位を確立しています。
日本ではあまり感じられないかもしれませんが、ヨーロッパ諸国ではペルソールのサングラスが常識とさえいえるほどです。
ブランド名の由来はイタリア語で「 Per il Sol」 、英語で「 For the Sun 」(太陽のため)を意味しています。

persol5

ジュゼッペ・ラッティ氏は元々「ベリーオプティシャンズ」という眼鏡店を経営しており、技術者としても名の知れた存在でした。
第一次世界大戦中であった1917年には前身となるラッティ・オプティカル・インダストリーズ・ソサエティ社を設立し、
空軍の操縦士やレーサーのために眼鏡を作り始め、「プロテクター」と名付けられたバンドで頭に固定されるゴーグルはイタリア軍に採用された歴史があります。
1938年にペルソールへと改名し、優れた光学技術と機能性の高さを武器にその名を世界中に轟かせました。
また、「アメリカのレイバン、イタリアのペルソール」と並び称されていますが1937年創業のレイバンよりも20年古い歴史があります。

persolb

1930年頃には機能面で欠かせない曲がるテンプル「メフレクト」が開発されました。
これはステンレス芯の通ったナイロン樹脂をメタルのシリンダーと共に埋め込む独自の機構であり、フレキシブルなテンプルは
柔らかい掛け心地だけでなく、どのような顔や頭の形にでも合わせられるという優れた特徴を持っています。
また、同じ頃には現在に至るまでペルソールを象徴するヒンジのアイコンでもあるアローマーク「フレッチャ(イタリア語で矢の意味)」の装飾を施したものが登場します。
このアローマークはシュゼッペ・ラッティ氏が古代戦士の剣からインスパイアしてデザインしたもので、高い意匠性だけでなく負荷の掛かるヨロイ部分のプロテクトの役割も兼ねています。
現在でも数多くの映画で使用されるだけでなく、かつてのスティーブ・マックイーン、ブラッド・ピッド、ダニエル・クレイグといった多くのハリウッドセレブに愛され続けています。
「技術力」「デザイン性」「機能性」に優れているためカジュアルな服装だけでなくスーツなどのセミフォーマルな服装との相性も良く、普段掛けのフレームとしても掛けられるのも魅力です。

persold
約一世紀にも渡る歴史を積み重ね、現代まで脈々と受け継がれてきた技術でアイウェア業界をリードしてきたトップブランド・ペルソール。
2015年にはタイプライターをデザインの軸とした「Typewriter Edition」をリリース。クラシカルな趣のあるレンズシェイプや細かなこだわりが随所に見られるコレクションです。
タイプライターが広く使われたのは20世紀初頭から中期に掛けてで、まさにその頃は作家や文筆家にとっての「黄金期」であり、その象徴を見事に再現しました。
長い歴史の中で培われた技術やデザインを踏襲しつつもこれまでのペルソールには無い全く新しいデザインは往年の愛好家たちを唸らせ、海外を中心にその人気が高まっており、日本でも話題になっています。
これから創業100周年を迎えるにあたり、ブランドの動向には今後ますます目が離せません。