TB-011-F-NVY-GLD-49

2016年08月23日

 商品イメージ画像01

ブランド:THOM BROWNE. トムブラウン
モデル:TB-011
カラー:Fカラー(Navy-Shiny 18K Gold)

レンズ横幅:49mm|レンズ縦幅:42mm|レンズ間距離:21mm|テンプル長さ:150mm

ニューヨークのファッションブランドとして革新を続ける【THOM BROWNE.(トムブラウン)】。2011年に46サイズで世に送り出されると、そのあまりにも完成されたアイウェアとしてブランドの知名度とともに代表モデルとなった【TB-011】。そして2012年にはこの49サイズが発表されメガネフレームとしてより幅広い可能性を広げたことで今もなお人気の絶えないモデルです。典型的なボストンシェイプを描きながらも極端な丸みを抑え水平なラインを随所に取り入れ、その計算され尽くしたスタイルの良さが最大の特徴です。トラディショナルスタイルを貫くブランドにおいてモダンファッションに合わせてもしっくりくるデザインは細部に至るまでの作り込みによる高級感が成せる技です。また、今回入荷できたカラーは同ブランドの中でも非常に高級感がある【ネイビー×ゴールド】の配色です。一見するとブラックカラーに見えますがネイビーの放つ程よくくだけた雰囲気と質感、そしてオン・オフ問わずファッションへの順応性があるカラーです。

 商品イメージ画像02

ネイビーカラーとの組み合わせにはややイエロー感がある18Kゴールドを採用しています。ネイビーとのコントラストが効いており、モデルの持つ高級感をさらにワンランク上に押し上げています。基本的構造はフロントのプラスチックパーツにメタルブロウパーツを仕込み、フルリムのように見せながらナイロール糸でレンズを固定しており、斜めや横から見られた時にノーズの部分でメタルパーツを覗かせるさりげなさが返ってポイントを主張します。

 商品イメージ画像03

クリングスタイプのノーズパットもメタル製で耐久性もあり摩耗がない為より長くご愛用いただけます。この内側には【THOM BROWNE.】の洋服にも使われている「4本ストライプ」があしらわれているなど細部に至るまで作り込みに手抜きがありません。また、同ブランドのメタルパーツは全てオリジナルで製作されています。これは製造を請け負っている【DITA(ディータ)】のプロジェクトと同じで、【THOM BROWNE.】もそのクオリティに共感したからこそ今日の評価につながっているのだと思われます。

 商品イメージ画像04

フロントパーツも別のアングルから見るとそのクオリティに息をのみます。細身のテンプルはスタイルの集大成且つフォルム全体のバランスに調和をもたらします。メタルテンプルを用いたコンビネーションスタイルはこのデザイン性もさることながら非常に掛け心地が良いというのも魅力です。そしてテンプルエンドのトリコロールチップも【THOM BROWNE.】フレームの遊び心溢れるオシャレなポイントです。ノーズパットの4本ストライプと合わせて紛れもなくファッションアイテムとしての存在感を放ちます。

 商品イメージ画像05

生産工程も非常に多く、品質にも極限までこだわり作られており、有名でありながら生産数も少なく希少な存在です。当店に入荷したのも半年以上ぶりで【Master piece】にいつか載せたいと思いつつも中々機会がなかったのも事実です。アイウェアの歴史としてはまだまだ歴史が浅くとも間違いなく受け継がれる【THOM BROWNE.】の名作【TB-011】をご紹介させていただきました。

【THOM BROWNE NEW YORK(トム ブラウン ニューヨーク)】は、「テーラード(紳士服)はユニフォームである」という哲学を持ち、デザイナーのトム ブラウン(Thom Browne)が自身の名を冠して2001年に設立したファッションブランド。アメリカントラディショナルにこだわり、アメリカの黄金時代と呼ばれる1950年代後半から1960年代前期のファッションスタイルにインスピレーションを得た新しいクラシックを提案しています。2009年にDITA(ディータ)の持つデザインとクオリティに共感し、トムブラウンのショーのためにアイウェアを製作したことから始まり、2011年の秋冬からアイウェアコレクションの展開を開始。ファッションコレクションと連動してアイウェアを発表しており、ファッションと同じスタイルを貫き、クラシックの再解釈にエレガンスと個性を備えたコレクションを展開し、これまでのファッションマニアだけでなく幅広い層のファンを魅了しつづけています。