【TVR】ジェームズ・ディーン着用復刻モデル

2016年04月8日

 商品イメージ画像01

ブランド:TVR (True Vintage Revival) ティーブイアール(トゥルービンテージリバイバル)
モデル:TVR512
カラー:Antique Tortoise

レンズ横幅:45mm|レンズ縦幅:40mm|レンズ間距離:22mm|テンプル長さ:145mm

2013年にスタートした日本ブランド【TVR】。日本の高度なクラフトマンシップによって眼鏡生産における第1次黄金期と呼ばれる1950年代のフレームを当時の趣きをそのままに完全な形で復刻してきました。その技術力によって復刻された数々の名作の完成度はオリジナルと寸分違わない出来です。2016年、彼らの次のプロジェクトとして復刻された【TVR512】はアメリカ・ハリウッドの名優【James Dean(ジェームズ・ディーン)】がかつて掛けていたモデルです。彼のアイコンマークとして多くの人を魅了したこのモデルは手に入れるだけの詳細から新たに再構築し寸分違わず再現されました。探されていた方も多かったと思います。また、【Antique Tortoise】はクラシックフレームにおける代表的なカラーであると共に最も注目を集める人気の高いカラーです。

 商品イメージ画像02

レンズシェイプはボストンタイプをベースに上下幅をしっかりと取り、やや四角い要素も持つ独特な形です。全体的に細身にデザインされたフレームには古典的なキーホールブリッジのほかホーンリム(突き出した形状の智)を持つなど1950年代当時のアイデアをそのまま色濃く残しています。

 商品イメージ画像03

智とテンプルにあしらわれた特徴的なダブルダイヤのリベットは職人の手によって丁寧に作られ、屈強な当時の手法をそのまま用いています。ブランドがフレームを復刻する上で大事にしているアイデンティティの1つであり、このさりげなく取り付けられたパーツからも「真の復刻」を目指すこだわりが見てとれます。そのため【TVR】のフレームにはその他のブランドにはない技術力に裏打ちされた力強いヴィンテージ感を放つのです。

 商品イメージ画像04

蝶番には5枚蝶番が採用されています。【TVR】ではモデルによって7枚蝶番を用いていますが、当時のスタイルをそのまま引き継ぎこちらのモデルには5枚蝶番を用いています。

 商品イメージ画像05

あえてデザイン性を取り払ったかのようなオーソドックスな細身のスタイルはまさにこのモデルの完成形です。テンプルエンドに至るまでしっかりと模られ再現されたモデルは【TVR】のコレクションにおいても名作の一つとして数えられます。ヴィンテージ系のフレームとしての完成度も高いこちらのモデルが気になった方はぜひ店頭でお試しくださいませ!

True Vintage Revival(トゥルービンテージリバイバル)=TVR(ティーブイアール)はアジアとアメリカで先行デビューした2013創業の日本発ブランドです。百年にも渡る眼鏡製造の歴史を持つ福井県鯖江市において、材質の吟味から生産工程まで、各分野の技術職人が徹底的にこだわり、高品質なハンドメイドの日本製フレームを製造しています。歴史的な名品といわれるアイウェアを日本の高度なクラフトマンシップによって、当時のテイストを最大限に活かした現代のアイウェアとして昇華させて本当の意味での復活というのがTVRのアイデンティティです。