【TVR】ブランドの新たな金字塔モデル「ARNEL」

2016年12月27日

 商品イメージ画像01

ブランド:TVR (True Vintage Revival) ティーブイアール (トゥルービンテージリバイバル)
モデル:ARNEL
カラー:Antique Tortoise (Walnut)

レンズ横幅:45mm|レンズ縦幅:37mm|レンズ間距離:22mm|テンプル長さ:145mm

完成度の高い数々のビンテージを復刻してきた日本のブランド【TVR(ティーブイアール)】。今ではその技術と品質の高さが世界で認められ愛用者を増やしています。そしてついにブランドの新たなプロダクトとして【ARNEL(アーネル)】の名を冠するモデルが世に放たれました。シェイプは多くのビンテージデザイン愛用者を納得させる小ぶりのボストンウエリントン。智(ヨロイ)とテンプルにあしらわれたリベットによる矢じり型のカシメ飾りが当時の流行をそのまま現代に伝えます。キーホールブリッジも欠かせない要素です。レンズサイズは45mmと48mmの2サイズ展開です。(※当店入荷モデルは全て45サイズです。48サイズをお求めの方はお問い合わせくださいませ。)

 商品イメージ画像02

素材には"リアルビンテージ"を追求する上では欠かせない「セルロイド」を採用しています。生産の効率性や発色性といった事情からアセテート材が主流となっている現代においては時代に逆行していますがそれこそが「真の復刻」をアイデンティティに掲げる【TVR】というブランドの凄みでもあります。風合い豊かな色味と光沢感。柔らかな掛け心地など素材の違いによる良さまでも限りなくオリジナルに近付けています。また、カシメ飾りの素材にも伝統的な素材である「サンプラチナ」が用いられており、メッキ処理をしなくても大気中での変色がほとんど起こらず気取らない光沢感を放ち続けます。伝統的な素材を惜しげもなく合わせるそのプロダクトは"本物"です。永く1本の眼鏡を愛用したい人にお勧めです。

 商品イメージ画像03

当時のデザインはそのままに随所にブランド独自の視点から現代版にアップデートしています。使用しているセルロイド生地は「4mm」に削り出されたもので従来の重さから解放された非常に掛けやすいフレームに仕上がっています。さらに注目したいのはのは"テンプルに芯金が組み込まれていない"点です。自然素材や職人眼鏡に見られる高度な技術を要する製法によって生み出されたスタイルは簡単には真似できない確かなものとして価値を高めます。

 商品イメージ画像04

蝶番は屈強な「7枚蝶番」を採用しビンテージフレームの持つ細部まで手を抜いていません。また、両テンプルエンドの内側には滑り止めのスリットも入っており、【TVR504】で得た製法もしっかりと受け継がれています。

 商品イメージ画像05

アセテート生地のような貼り合わせたカラーはないものの、セルロイド生地ならではのビンテージ感が楽しめるカラーバリエーションが魅力的です。入荷したカラーは7種類。左上から【Classic Black】【Antique Tortoise(Walnut)】【Gray Smoke(グレー笹)】【Antique Brown(Blonde Demi)】右上から【Mocha Smoke(濃茶色)】【Brown Smoke(カーキ笹)】【Tiger Eye(ブラウン笹)】です。ビンテージ&モダンの力強い質感に触れたい方は既存モデル【TVR504】を、リアルビンテージ感をより濃密に感じたい方は【ARNEL】をというふうにブランドの双璧をなすモデルになりそうです。気になった方はぜひこの機会に店頭でお試しくださいませ。

True Vintage Revival(トゥルービンテージリバイバル)=TVR(ティーブイアール)はアジアとアメリカで先行デビューした2013創業の日本発ブランドです。百年にも渡る眼鏡製造の歴史を持つ福井県鯖江市において、材質の吟味から生産工程まで、各分野の技術職人が徹底的にこだわり、高品質なハンドメイドの日本製フレームを製造しています。歴史的な名品といわれるアイウェアを日本の高度なクラフトマンシップによって、当時のテイストを最大限に活かした現代のアイウェアとして昇華させて本当の意味での復活というのがTVRのアイデンティティです。