【Persol】icon model “649”&”714″

2017年06月20日

 商品イメージ画像01

ブランド:Persol ペルソール
モデル:「649」 「714」
カラー:24/31 : Havana-Grey Lens(649) , 95/31 : Black-Grey Lens(714)

レンズ横幅:54mm|レンズ縦幅:47mm|レンズ間距離:20mm(649) , 21mm(714)|テンプル長さ:140mm

今回の特集【Hot item】ではイタリアのサングラスブランドとして100年の歴史を持つ【Persol(ペルソール)】よりブランドのアイコンともなっているモデル【649】&【714】をご紹介させていただきます。

 商品イメージ画像02

モデル名【649】・・・1957年に元々はトリノのトラム(路面電車)ドライバーのために設計されたデザインはスリットの入ったブリッジと金属芯を埋め込んだテンプル「メフレクト」といった機能性が相まって評価が高かったこともあり、発売当時からすぐに普及しました。顔を覆う大きく特徴的なティアドロップ型は今ではすっかりブランドのアイコンとして定着しています。また、こちらのモデルは20世紀のイタリアを代表する映画俳優マルチェロ・マストロヤンニが映画『イタリア風離婚協奏曲(Divorzio all'italiana)』で着用したことでも有名です。

 商品イメージ画像03
 商品イメージ画像04

モデル名【714】・・・1960年代に"649"のフォールディング(折りたたみ)バージョンとして導入された"714"はブランド史上初のフォールディングモデルです。"649"よりも10の製造工程を追加して作られるこのモデルは各部の金属パーツによって全く異なる印象になります。

 商品イメージ画像05

こちらのモデルはアメリカの伝説的俳優の1人スティーブ・マックイーンが映画『華麗なる賭け(The Thomas Crown Affair)』の中で掛けただけでなく、日常でも愛用したことで有名です。アメリカのレイバン、イタリアのペルソールと並び称される歴史あるブランドであり、歴史に裏打ちされた確固たるスタイルは世界中で愛され続ける魅力です。他とは違うサングラスをとお考えの方はぜひ【Persol】の2大モデルに触れてイタリアの雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか?

1917年ペルソールは、写真家でアイウェアに携わっていたジュゼッペ・ラッティが、イタリアのトリノで創業。ジュゼッペ・ラッティは、ペルソールの創業以前のラッティ・オプティカル・インダストリーズ・ソサエティ(Ratti Optical Industries Society)社を設立し、操縦士やレーサーのための眼鏡を作り始め、プロテクターと名付けられたバンドで頭に固定されるゴーグルはイタリア軍に採用された歴史がある。1938年、改名して、ブランド、ペルソールを設立。ブランド名はイタリア語でPer il Sol 、英語でFor the Sun「太陽のため」を意味する。