【OLIVER PEOPLES】シンプルなスタイルを放つスクエア

2016年10月18日

 商品イメージ画像01

ブランド:OLIVER PEOPLES オリバーピープルズ
モデル:Denison-J
カラー:【362】【COCO2】【GGM】

レンズ横幅:53mm|レンズ縦幅:31mm|レンズ間距離:17mm|テンプル長さ:145mm

【OLIVER PEOPLES】のモデルの中でも人気の高いスクエアフレームでサイズ感から男性女性問わず合わせやすいデザインです。キーホールブリッジなどの特徴はないものの、智(ヨロイ)に縦に配置された2PINのカシメがクラシカル感を感じさせます。モダンファッションにもしっかりと順応する全体的にクセの少ないデザインです。

 商品イメージ画像02

テンプルのデザインもフロント同様に非常にシンプルで細身のデザインになっています。また、こちらには横並びに2PINカシメが配置されています。今回スタイリングの取りやすい3種類別カラーを各1点ずつ揃えることができました!気になった方はぜひ店頭でお試しくださいませ。お問い合わせもお待ちしております。

 商品イメージ画像03

カラー【362】:ダークブラウンのべっ甲柄でクラシカルな雰囲気を演出します。黒縁フレームと比べて肌馴染みがよく縁のイメージはしっかりとしつつ堅い印象になりにくいのもダークブラウンの長所です。コーディネート次第でビジネスシーンでもカシュアルシーンでも活躍します。

 商品イメージ画像04

カラー【COCO2】:ブラウン系のササ柄生地で、クリア感を持ったカラーです。ベースのダークトーンにライトトーンの柄が綺麗に映え高級感を放ちます。縁の印象を強く出さなくともどこか存在感があるフレームをお探しの方はぜひセレクトしてみて欲しいカラーです。シンプルなシェイプだからこそより違いを感じます。

 商品イメージ画像05

カラー【GGM】:数あるブルー系の色味のラインナップにおいて珍しいターコイズカラーの柄生地を用いています。深い色味にややクリア感を与えることで高級感とカジュアル感を程よくミックスさせ、智的な印象を覗かせるお勧めのカラーです。【OLIVER PEOPLES】のロゴマークがテンプル内部の芯金にあしらわれているのが見えるのも細部へのこだわりが感じられます。

ブランドの始まりは、ロサンゼルスの若い3人の経営者のもとに送られてきたひとつの小包から始まりました。オリバーピープルズの代表、ラリー・レイトと2人のパートナー、ケニー・シュワルツ、デニス・レイトが受け取ったその小包は、ニューヨークのアンティーク業者からのもので、その中には、少なくとも50年以上前に造られたヴィンテージフレームが入っていました。それは12カラット・ゴールドに細密な装飾が施されたものなど、誠に素晴らしいヴィンテージフレームでした。彼らはすぐにニューヨークに飛んでいきました。そして、マンハッタンのとある地下倉庫に1500セットを数える組立前のメガネフレームと、組立工具が一式おさまっていたといわれています。それらとともに黄ばんだ一枚のオーダーシートがあり、一つの象徴的なサインを見つけます。1927年に書かれたそのサインが、”OLIVER PEOPLES”の名称です。 彼らはそのサインの名前を社名とし、ヴィンテージというテーマをもとにして、1986年11月、ウエスト・ハリウッドのサンセットブルーバードに、オプティカルショップ < オリバーピープルズ・ロサンゼルス > をオープンしました。