ドラマ「ハゲタカ」綾野剛さん着用モデル 【JAPONISM [JN-644 col.01(Titanium)]】

2018年08月11日

 商品イメージ画像01

ブランド:JAPONISM ジャポニスム
モデル:JN-644
カラー:01 (Titanium)

レンズ横幅:55mm|レンズ縦幅:30mm|レンズ間距離:15mm|テンプル長さ:141mm

今回の特集"Hot item"では2018年7月期より始まったドラマ【ハゲタカ】にて主演をつとめている俳優の綾野剛さんが劇中にて鷲津政彦役で着用(第1話~第3話)しているメタルフレーム【JN-644】をご紹介致します。2018年の春夏シーズンに発表された同モデルは【JAPONISM】のコレクションの中でも群を抜く軽量さと無駄のないエレガントなスタイルを象徴するアイテムです。フロントパーツにはチタン素材、テンプルはβ(ベータ)チタン素材と、構成するパーツを適材適所にあてはめたまさに最新鋭のモデルです。

 商品イメージ画像02

メタルフレームにおけるデザインと品質が両立したその完成度は同ブランドの最も得意とする形でもあります。レンズシェイプはスクエアで、メタル素材の堅さを感じさせない曲線を織り交ぜた繊細なフロントリムデザインやサイズ感はバランスもよく、計算され尽くしたその魅力は随一といっても過言ではありません。

 商品イメージ画像03

一般的にある線で構成されるメタルフレームではなく、仕上がりの厚みなど緻密に計算した上で1つのパーツからプレスで作りだされています。一見するとシートメタルにも見えますが強度やデザイン面においてもその比ではありません。また、本モデルはテンプルエンドにあえてプラスティックのモダンを付けることはせずそのシャープな印象を一切損なうことない美しいスタイルを確立しています。掛け心地はもちろん重量バランスなどメタルの扱いに慣れたブランドならではの工夫がまさに"内包された"モデルです。

 商品イメージ画像04

そして何よりこのメガネはメタルフレームに求める掛けた時のシャープ感やカッコ良さに対する磨き上げられた美学を追求しており、掛けるだけでオンオフのスイッチが切り替わるような、目元にプラスしたい要素が詰まっています。その秘密はフロントの造形を左右する"カッティングライン"にあり、光の加減で重厚感のあるスタイルをも表現できることです。

 商品イメージ画像05

様々な角度から見てきましたが、その佇まいからも何か訴えかけてくる魅力があります。フロントからテンプルにつながるパーツ1つとってもそうですし、またノーズパットもメタルにすることで意外と見落としがちなイメージ全体と掛けた時に"あえて"見せることで横顔にもさりげない高級感やセンスを感じさせてくれます。ドラマの劇中では役のイメージと非常にマッチしており、掛けこなし方がカッコイイです。仕事用でメガネを探していた方やオンオフにメガネ1つででとにかくキリっとした雰囲気を出したいと考えていた方、その他ドラマを見て気になっていた方はぜひ店頭で掛けてみてください。

【JAPONISM(ジャポニスム)】とは、日本の国際メガネ展IOFTにて「BOSTON CLUB」が手掛けるハウスブランドとして1996年に設立しました。ブランド名は19世紀末の日本美術が西洋美術・欧米ファッションなどに影響を与えたムーブメントに由来しています。日本の眼鏡産地として名高い福井県・鯖江(市)にて技術を駆使して製造される高品質の眼鏡はデザインだけで終わらず、"機能が自然な形状に内包されたフレーム"として愛用者を増やしています。デザイナーの感性と熟練工の想いが眼鏡づくりというプロダクトにうまく反映されています。