【SAKURA 事件を聞く女】仲間 由紀恵さん着用メガネ!

2014年10月31日

 商品イメージ画像01

ブランド:ic! berlin アイシーベルリン
モデル:der stürmische morgen
カラー:black

レンズ横幅:53mm|レンズ縦幅:34mm|レンズ間距離:20mm|テンプル長さ:130mm

こちらはドイツのブランド、ic! berlin(アイシーベルリン)の【der stürmische morgen】というモデル、カラー【black】になります。現在放送中の月曜ドラマ「SAKURA 事件を聞く女」にて仲間 由紀恵さんが着用されているフレームです!

 商品イメージ画像02

ヒンジ部分は独自の金属パーツを噛み合わせた構造になっており、着用時にはテンプルの柔軟性の高さによって快適な装用感を生み出します。また衝撃に強いステンレスの材質ですので、頑丈な作りになっているのも魅力です。

 商品イメージ画像03

フロントはプラスチックで艶消しの仕様です。適度に肌に馴染み、マットの柔らかい質感により、重たい印象にはならずスッキリとかけて頂けます!

 商品イメージ画像04

こちらの商品は「winterreise part 2 (ウィンターライゼ パート2) 」というコレクションの1つで、音楽家シューベルトのオペラ曲「winterreise (冬の旅)」の第18楽章「嵐の朝(der stürmische morgen)」がモデル名になっております。

 商品イメージ画像05

シンプルでありながら洗練されたic! berlinのスクエアフレーム、店頭に1点在庫がございますので、是非この機会にお試しくださいませ!

ic!berlin(アイシー!ベルリン)は、1998年にデビューしたドイツのベルリンのブランドです。パリのシルモ展(眼鏡国際展示会)で何度も賞を受賞しているシートメタルを代表するブランド。
素材にはわずか0.5mm厚の柔軟性の高いステンレスが使用されている、柔軟でありとても丈夫なつくりのフレームのヒンジのの部分の構造はブランドのアイコンにもなっている。
アイシーベルリンのフレームはネジやロー付けを使用せずに作製されたメガネフレームの構造がアイシーベルリンの特徴です。フロントとテンプルに付けられたパーツは脱着が可能になっているのでフレーム、
レンズもメンテナンスもしやすいため長くご愛用いただけるフレームです。またアイシーベルリンのブランドを代表する創業者の一人のラルフ・アンダール氏もは業界でもとても有名で、ブランドのトレードマークでもあります。
アイシーベルリンのメガネフレームはベルリンの工房でハンドメイドで作られておりクオリティーも高い。また、コラボレーションも多く、日本のフォーナインズやフライターグ、イタリアインディペンデントなどとコラボをした商品を発表。
マドンナやブラットピットも愛用している。