・  JULIUS TART OPTICAL | ジュリアス タート オプティカル ・

1701JTO-01

【JULIUS TART OPTICAL(ジュリアスタートオプティカル)】は1950年代初頭に創業したタート・オプティカル・エンタープライズ社の創立者であるジュリアス・タート氏の意思を継ぐブランドとしてジュリアス・タート氏の甥のリチャード・タート氏と共に新規に創設したブランドです。リチャード氏はタート・オプティカル社のファクトリーやマーケティングに関わった実績を持ち、数多くの資料を保有し、唯一ジュリアス氏の意思を継ぐ存在となります。ジュリアス氏の残した膨大な資料を元に現代の優れた技術と実績のある素材を使用し、新たに生み出されるフレーム達は今までに無い存在感を感じる事でしょう。ジュリアス氏の世界観を残しつつ、古き良き時代の復刻と進化を【JULIUS TART OPTICAL】では実現して行きます。
2016年からスタートとなるJULIUS TART OPTICALはニューヨークの古き良き時代1950年代から1970年代前期の風合いを残しつつ、アートやカルチャー、ニューヨークの発展的なデザイン性からインスピレーションを受け、リアルなフォルムを忠実に再現するコレクションの展開や、数々の名作フレームの復元、そして新たにデザイン製を加えたコレクションの展開も計画中となります。また、ブランド始動に伴ってジュリアス・タートの肖像画グラフィックをファッション業界で活躍を見せるポーランド出身のアーティスト、プツェメク・ソブツキが担当。ブランドのモデルにはLAジャズシーンの最重要人物、カマシ・ワシントン(sax)とバンドメンバーでもあるライアンポーター(tb)、マイルスモズレー(b)、トニー・オースティン(ds)を起用しています。彼らの音楽への追求と楽器への強いこだわりと同じようにアイウェアへの関心を寄せています。