・  ic! berlin | アイシーベルリン ・

ic!berlin アイシーベルリン メイン画像

ic!berlin(アイシー!ベルリン)は、1998年にデビューしたドイツのベルリンのブランドです。パリのシルモ展(眼鏡国際展示会)で何度も賞を受賞しているシートメタルを代表するブランド。素材にはわずか0.5mm厚の柔軟性の高いステンレスが使用されている、柔軟でありとても丈夫なつくりのフレームのヒンジのの部分の構造はブランドのアイコンにもなっている。
アイシーベルリンのフレームはネジやロー付けを使用せずに作製されたメガネフレームの構造がアイシーベルリンの特徴です。フロントとテンプルに付けられたパーツは脱着が可能になっているのでフレーム、レンズもメンテナンスもしやすいため長くご愛用いただけるフレームです。またアイシーベルリンのブランドを代表する創業者の一人のラルフ・アンダール氏もは業界でもとても有名で、ブランドのトレードマークでもあります。アイシーベルリンのメガネフレームはベルリンの工房でハンドメイドで作られておりクオリティーも高い。また、コラボレーションも多く、日本のフォーナインズやフライターグ、イタリアインディペンデントなどとコラボをした商品を発表。マドンナやブラットピットも愛用している。

またジェイソンステイサム主演の【メカニック】やキャサリン・ゼタジョーンズ主演の【side effects】でもアイシーベルリンが使用されている。アイシーベルリンのコレクションには、クラシックなシリーズのnameless シリーズ、眼鏡デザイナージェレミータリアンのコレクション、女性デザイナーによるシリーズtre’s chic! (トレシック)、家紋がテンプルに入っているsamurai(サムライコレクション)、プラスチックの何層にも張り合わせた生地を使用し削りだした質感を表現したrough(ラフコレクション)などブランドの話題がたえない。機能を追求したアイシーベルリン!ならではのアセテートを使用したプラスチックのモデルも好評です。
フロントにはアセテートを使用、テンプルにはステンレスを使用したフロントとは表情の全く異なるデザインになり、素材感も楽しむことができるプラスチックフレームです。


店長・小宮山より

アイシーベルリンのベルリンの作製現場にも数年前に訪問しました。フレームの製造現場もみれてとても充実した訪問でした。アイシーベルリンの企画にはいつも期待してしまします。最近のコレクションもカラーも綺麗、クラシックからモードまで対応できるデザインの幅広さにも驚きます。アイシーベルリンのデザイナーさんも数名でデザインされていることもありいつになっても飽きのこないフォルムが多いです。品質は繊細なデザインですが社長のラルフさんの仕掛けが楽しいです。これからも楽しみなブランドです!